愛光ブログ

2019.6.13愛光第五保育園

歯科検診がありました

本日、園医の上原先生(立川もりのはいしゃさん 院長)に来ていただき、全園児の歯科検診を行いました。

「大きくおくちをあけてね」

「あーん」

とても上手にできました。

 

そんな中、不安そうに眉毛を八の字にして順番を待つ2歳児A君。昨年(A君が1歳児の時)は診てもらう時に大泣き。そして、今にも泣き出しそうな予感。

しかし、そのことを知っていた保育士は、順番が来るまでA君をぎゅーっと抱きしめて「大丈夫だよ」「痛いことはしないからね」と優しく声を掛け一緒に順番を待ちました。

そのおかげもあってなのか、自分の番になると泣かずに先生のおひざの上へ。終始眉毛は不安そうに八の字のままでしたが、あっという間に終わってしまったことに本人もビックリ。すぐに保育士の側に駆け寄り、満面の笑顔で報告!そして勝利のハイタッチ!「上手だったね」と褒められると恥ずかしそうに照れ笑いをしていたA君の表情が印象的でした。

2019.6.12愛光あけぼの保育園

交通安全教室 


立川警察のおまわりさんに来て頂き、「交通安全教室」を行いました。
「交通ルール」や「雨の日の道の歩き方」のビデオを見た後に、実際に信号機を使って
横断歩道を渡る練習をしました。
「右良し・左良し・もう一度右良し・後ろ良し」というおまわりさんの掛け声を真似て
子どもたちも上手に横断歩道を渡っていました。

2019.6.10

園庭農園の野菜が育っています★

愛光保育園の園庭農園にはたくさんの野菜が育っています。

非常勤保育士の依田先生がよくお手入れをしてくださっているので、別名「依田農園」

園児たちはまだ小さい野菜を見つけ真剣なまなざしで見つめています。

 

2019.6.7愛光保育園

交通安全教室★

 

お巡りさんから、交通安全のお話。

集中してます。

最後に横断歩道を渡る練習も楽しめたようでした♪

2019.6.6愛光あけぼの保育園

歯科検診「はみがきじょうずにできるかな?」

0歳児から5歳児まで全園児の歯科検診がありました。
緊張して泣いてしまう子もいましたが大きなお口を開けて受けることが出来ました。
大きい子ども達は健診後の挨拶も上手にできました。
5歳児は園医小杉義孝先生による歯磨き指導があり、しっかりお話を聞きました。
秋の健診まで上手に歯磨きが出来るかな?むしばいきんバイバ-イ!!
2019-06-06

2019.6.6愛光大和田保育園 愛光あけぼの保育園 愛光第五保育園 愛光保育園

令和元年度 劇団クローバー★愛光 みどり保育園

劇団クローバー☆愛光 第2回目の公演が愛光みどり保育園で開催されました。前年度行った「忍者学校」の公演を覚えている子どもたちが多く、「にんじゃのせんせいだ」「きょうは なんのおはなし?」と沢山声を掛けてくれました。話の途中には、旗上げや綱引きといった勝負の場面もあり、子どもたちの大きな声援が保育室内に響き渡り、盛り上がりました。 今回は「海の中のおはなし」ということで、愛光みどり保育園の栄養士が劇のテーマに合わせ給食を作ってくれました。

「地中海スープスパゲッティ」の中には、イカやエビが、「おさかなさらだ」は、大根や人参が可愛い魚の形になっていて子どもたちも「さかないたー」と喜んで食べていました。

2019.6.5愛光第五保育園

お米の栽培 始めました!(代かき編)

昨日に引き続き、今日も農作業です!

 

水と土を混ぜて、良い田んぼにするための代かき(しろかき)を行いました。

足で土を踏んで水と混ぜるところを、まずは職員がお手本に。

 

ふみふみ  じゃぶじゃぶ  どろどろ

 

きっとこの作業は、子どもたちが大喜びで取り組むだろうなと予想していましたが、子どもたちから聞こえてきた声は「うわー」「やだー」とあまり良い反応ではなく、こちらがビックリ。

 

予想外の反応に驚かされてしまいましたが、実際に田んぼに入ってみると・・・

「きゃー楽しいー!」「土がぬるぬるだー!」「足がどろどろだー!」「きもちいいー」と、大騒ぎ。初めての代かきをみんな楽しんでいました。

 

 

「先生、写真撮ってー!」

ぱしゃり

2019.6.4愛光第五保育園

お米の栽培 始めました!(土づくり編)

今年も愛光第五保育園の園庭で、お米の栽培を始めました!

育成担当は、年長児さくらぐみの子どもたちです。

 

まずは、土作りから。

土をフカフカにするために掘り起こし、石や根っこを取り除きます。

たくさん取れた!

 

その後は、田んぼに必要な様々種類の土や肥料を混ぜます。

 

みんな楽しみながら取り組んでいました!

 

♪おもしろエピソード♪

土作りも終盤になり、そろそろ片づけて園庭で遊ぼうかな~と考えた担任が子どもたちにに声を掛けると・・・

「えーー!!まだやりたいー!!」

との声が。

「え!?本当に? では、もう少し・・・」と思わず担任の方が戸惑ってしまう程、子どもたちの熱意が感じられる一場面でした。